リブランディング

会社をあるべきカタチにし次のステージへ繋ぐ

リブランディングで、企業のブランド戦略を
時代の変化に対応させる

リブランディングが必要な3つのケース

貴社のブランド戦略と市場やニーズの間に温度差はありませんか?
かつては優れた商品やサービス、画期的な技術も時代の変化ととに衰退し、必要とされなくなります。
そうなる前に自社ブランドをもう一度、時代のレールに乗せて走らせる必要があります。

リブランディングの必要性

変えないもの(伝統)と変えるべきものを見極める

先代が積み上げてきた貴社のブランドは何よりの資産です。
リブランディングではその資産を極力活かすことを考えます。
そして何を残し、何を変えるべきなのか…つまりは自社ブランドのどの部分にフォーカスを当て、
より一層の磨きをかけていくのかを重要事項とし、ブランドの再構築を図ります。

変えないもの(伝統)と、変えるべきものを見極める

名刺交換でヒーローになれます

まずは名刺交換の場からヒーローになってください。
何もリブランディングに大規模な会社の変革が必要なわけではありません。
コンセプトや商品、サービスに自信があり世の中のニーズがあれば
小規模な変化からリスタートしてもいいのです。

名刺交換でヒーローになれます

リブランディングのタイミング

事業承継

事業継承時はリブランディングの最も有効なタイミング。

会社が事業承継について考えることは『所有承継』『後継者教育』など多岐に渡ります。後継者にとっては自社ブランドをどう引き継ぎ、どう昇華していくべきかも重要な課題事項となります。自社ブランドを見つめ直すタイミングとしては有効な時期となります。

新技術や市場の誕生

新しい技術や市場が生まれた時こそブランドの見直しを。

時代や市場の変化に伴い、自社ブランドが本当に必要とされているのか、時代に取り残されていないかと、常に疑問を抱いてください。リブランディングは一からブランドを立ち上げるブランディングより小規模でスタートできるケースもあります。

競合との格差の拡大

ピンチはチャンス。強みを掘り起こし、自社ブランドに新たな付加価値を。

競合他社の台頭や次世代事業の発展で、今までの企業の取り組みが評価されにくい時代となりました。そんな時、もう一度原点に戻り、自社の強みを違う角度からアプローチすることで、今までにない発見とブランド価値が生まれることもあります。まさにピンチはチャンスです。

SERVICEサービス

ロゴデザイン

ロゴデザイン

販促ツールデザイン

販促ツールデザイン

WEBデザイン

WEBデザイン

映像制作

映像制作

展示会プロデュース

展示会プロデュース

プロダクトデザイン

プロダクトデザイン

CASE実例紹介

リブランディンの効果を印象付けるツール

現代に生きる寺院のあり方を、もう一度考えて整える。

薬王山豊善院 様